投稿

659 夏だわ、暑い。

イメージ
先週から久々に暑い日が続いているイギリスです。
と言うか、ついこの前まで、6月と言うのに20℃行かない、と言う日が続き。
過ごしやすい、と言えばいいのだが、夏!になってほしいよなあ、そろそろ。
と思っていた矢先、先週6月の29日の土曜日はついに30℃越え!

ロンドンより通常2℃は低い我がウォキンガムでも33℃突破。
こうなると暑い!!!!

窓を開けると風が入ってきて涼しいが、日本のように網戸なんてないし、虫が入ってくるのが嫌で、カフェカーテンでカバーしていたんですが、どうしてもひらひらして結局ハエが入って来たりします。



日本の100均で買ったいわゆる、食器棚の中に敷くシートのようなもの。
これを窓に立てかけるようにして仕切りにする。
幅もうちの窓にサイズがちょうど良くて。



向かって右がこっちで買ったもの
左が日本の100均

こっちにも食器敷らしきものが99pショップで売ってましたが、もそっと、柔い。柄も可愛くないし。日本の勝ち。

寝室の窓はベネチア・ブラインドを上げて、そこにかけておけばオッケー。


レースで細かい穴が空いてて風が通るだろうし、サイズ的にグー。
しっかりしてるので、そよっとした風では動きません。
カーテンと、クッションで止めて窓に設置。なかなかいいです。
あまり大きい風だと動くけど。

ビール
イタリアのメーカー、ペローニなんだけど、イギリスのエールのような地ビールを
出してたんです。

どちらも美味しかった。色も黄金色。


夏はやはりアイスクリーム?
和式の抹茶や栗アイスはロンドンの日本食スーパーでないと手に入らないけど、高いし。持って帰ってくるうちに溶けちゃうよね。
そこで。
抹茶パウダーをいただきましたので、それをバニラアイスに混ぜたら抹茶アイスの出来上がり。
もう一つは、栗の渋皮煮(自家製)を冷凍しておいたので、それを細かく砕いて混ぜる。温存していた栗のピューレも混ぜ入れて栗アイス、完成。


右、緑の抹茶、左、栗色。半分ずつ2種類完成。


スーパーで見つけた、ピムズのロリーシャーベット。
同じようなのが別スーパーで一つが£2.99。
ピムズは一つが 80ml だが2つ入って、 £1.99




























マデイラから持ち帰ったポンシャも夏の飲み物っぽいよね。




658 往復1時間の遅れはすごくない?

イメージ
土曜日はケシ畑まで軽く散歩した後、夜のオペラ観劇にロンドンへ行きました。
『657 阿片のケシ畑』⏪前の記事はこちら。

開演は7時なので6時半に友人たちとバーで会うべく、

16:26 Wokingham発
17:34 Waterloo    着
に乗ります。

いつも駅から、Waterloo Bridgeを歩いて10分ちょっと、コベントガーデンのロイヤルオペラハウスに行ってます。
ところが!実際に列車が駅に到着したのは
18:40 Waterloo 着
だったのよん。


途中のステインズを出てフェルタムに向かう途中で突然列車が止まり。動きません。
しばらくして動いた、と思ったら、あれ?戻ってる?
ステインズに戻り、またしばらく止まる。
『事故があったので違うルートで行きます、途中の駅には止まらず、クラッパム・ジャンクションと終点ウォータールーのみです』との案内があり、さらに戻って、列車はヴァージニア・ウォーターに行きました。

17:42時点では、ヴァージニア・ウォーターから取って返し







土地勘ない人に地図を入れておきます。 まあ、こんなとこ、住んでる人しかわからんと思いますが。。。
地図向かって左、我がウォキンガム、東へ、右手方向がロンドンです。



Staines ステインズ からFelthamフェルタムに行く途中で引き返す(本来なら、画面向かって左から右方向へ移動するはずが) 。

左方向のVirginia Water ヴァージニア・ウオーターからChertsey経由、ウィンブルドン経由、クラッパム・ジャンクションへ。
ワンズワース Wandworth 手前で止まり、『クラッパムまで後6分』という案内があるが、動かない。
信号待ちのようです。
遅れた列車でごった返してるんだろうね。線路も。


やっとクラッパムに到着するもこれからまた10分かかるんだぜ。
ステインズ に取って返したとき、ハッチバックで最前列の車両に陣取っていたのに、最後尾になってしまい、降りる時に時間かかるから、この間に最前列まで行くことにします。
10両あるのよ!
真ん中の5両目には車掌のブースがあって、普通は開けられない。ちょうど、車掌さんが出てきたので、無理やり通してもらい。

トイレにも行きたいんだけど、普通4つくらいある列車内のトイレ、全部使えないんだって!


18時40分、やっと着いた!
ウォータールーからコベントガ…

657 阿片のケシ畑

イメージ
阿片、というには美しすぎる、ペールピンクの畑でした。

前の週に車で通ったおり、シップレイク・カレッジの看板が見えたのでこの辺かな、と。
10時45分に Shiplake 駅で降り、歩き出します。30分ほどでいけるはずだが、往路は道路を選びます。
車道に出ねばならず、歩ける道がなく、ちょっと大変。
しかも、見渡してもピンクはない!
脇道に赤いポピーは発見。

途中の空にレッドカイトが。
かなり近くまで来たんですけど。

脇道にそれそうになりながら、農場への道を行くと、見えた〜。
10時24分。ピンクだ。
同じところかわかりませんが、おそらく、ここ。
すでに乳母車での子連れファミリーや、犬の散歩の人がいました。
誰でも入れるみたい。ラッキィ。






一面のケシ畑ですが、先週の方がピンクだったわ。ほとんど散ってしまっているんでしょうね。蕾もあったけど。
これはすごい。
去年も同じようなところ通ったと思ったけど、気がつかなかった。あったのかしら。




(左)ボケてますが、上の飛行機を撮りたかった。